諦めは悪い方がよい

V作(ぶいさく)です。自分の書きたい事をただひたすらに書いてゆくブログになります

動画編集を頼みたい時にやって頂くとありがたいリスト

提案書や指示書を作って頂く

  1. 編集して欲しい動画の概要(何を、何のために、誰に向けてなのか)
  2. 使って欲しい曲の指定、wavで送って頂く
  3. どういうイメージで仕上げて欲しいのか、参考になる動画など。フォントの大まかな種類の指定など
  4. 詳しい指定があるならその指示
  5. LINEや口頭で指示を断片的に送ってこない。仲介屋さんも同様
  6. 〆切は極端に早くしない
  7. あなただけが分かる事は私には分かりません。映っているモノに対する思いや意図があるなら事細かに伝えて下さい。仕上がりに影響します。
  8. 本編終了段階で大幅なリテイクを要求しないで下さい。
  9. 不明点は何でも伝えて下さい。
  10. 納品ファイルの指定はどれですか
  11. 簡単な絵コンテでもCUEシートでもいいので書いて頂くと想像通りのものに仕上がります。

 

学生の分際で能書き垂れますが今まであった事案をまとめてみました。

事前準備をお互いに細かくすれば、スムーズかつ良い方向に進むと思います。

もちろん作成中にご指示頂くのもとても重要だと思います。一番初めにご指定頂いた通りに進んだこともないですから。

綿密に打ち合わせしてもこちらの思い違いも出てくる場合もあります(ここは私自身直さなければなりませんね)。

しかし「やっぱりこの曲じゃなくて別の曲にして」と仮編終わりに言われるととってもつらいのです。

 

CM業界みたいに、PPMを数回行う事が良いのかもしれませんね。そう言うとちょっと面倒がられますが。

やっぱりクライアントさんに細かく求めすぎなのかなぁ……。